クレジットカード現金化のリスク回避法!!

クレジットカード現金化については現状ではグレーゾーンであると言っていいでしょう。グレーゾーンでありますから、いつブラックになってしまうかはわかりませんが、少なくとも利用者よりも業者が規制されることが先であり、利用者がブラックになってしまうことまでに進むということは可能性は高くないと言っていいでしょう。直接に規制する法律がないものの、実際には他の金融関連の法律を援用することによって業者が摘発された事例が発生しているのことでもそれは察することができるでしょう。

それでもクレジットカード現金化を利用することのメリットがあるので利用者がいることでもわかりますし、業者もいることからわかります。クレジットカードの利用限度額までは審査が必要でないということが利用者にとって大きなメリットとなっているのでしょう。誤解を恐れずに言えば、利用したいと思う人がいるサービスは必要なサービスであるのです。グレーゾーンにとどまっているということは利用することが可能であるさーびつといい方もできないではないのです。もちろん違法ということが法律により確定すれば違法行為であるのでダメになってしまいますが。

ただし、クレジットカード現金化にはそれ以外にもクレジットカード会社にばれてしまうとクレジットカード会社からの重いペナルティが課されてしまう可能性があります。クレジットカード現金化の行為がクレジットカード会社と利用者の間で交わしている規約に違反していると判断されるからです。利用者はクレジットカードを受け取ってクレジットカードの利用をすることによってクレジットカード会社の規約に同意したと判断されます。そうなれば、クレジットカードの使用停止、クレジットカード利用代金の一括請求、新しくクレジットカードを作れないなどの利用者にとってデメリットの大きいペナルティを受けてしまいます。クレジットカード会社にばれなければいいのですが、クレジットカード会社もしっかりと監視しているのも確かです。

クレジットカード会社にばれない方法ですが、絶対にばれない方法ではなくうまく回避するという感覚を持つことです。例えば、連続してクレジットカード現金化のような行為をするとばれやすくなりますので、連続して利用しないようにするとか、他の用途でもなるべくクレジットカードを使うことによってクレジットカード会社としては中々判定しにくくなることは確かです。

SNSでもご購読できます。