お金がないときは節約と副業をします

月末お金がないときは食費を絞りだすことすら大変なことですが、そうした場合に私がどうしているかと言えば、貯め食いをします。安くてボリュームたっぷりのものを食べて、一日1.5食くらいにして、食費を抑えるのです。ちゃんと食べないと健康に悪いし、仕事にも支障をきたすので、本当はこんなことはしたくないのですが、お金がないときならば仕方ありません。背に腹は代えられないのです。

そうしたわけで、お金がないときに私が食べるものといえば、ひたすらラーメン二郎です。ラーメン二郎ならば、1杯600円くらいで一日に摂取すべきエネルギーの全部を賄うことができます。とにかくボリュームがすごいものですから、私はこれを昼に食べると夜はもう何も食べたいと思わなくなります。幸いなことに私の職場の近所にはラーメン二郎があるので、月末はいつも二郎ばかり食べているような気がします。あのうどんのような極太麺と異様に濃厚なスープを完食・完飲することによって、私は月末のお金がないときを生き延びているのです。ラーメン二郎は貧乏人の味方だと思います。

しかし、金欠だからといって節約に逃げてばかりいるわけではありません。お金がないなら働かなければなりません。ささやかながらでも家計の足しにするべく副業に励まなければならないのです。私はネットで簡単なお仕事をもらって副業をしています。お小遣い稼ぎアプリやアンケートの回答や、ライティングといった作業です。そうしたお仕事から得られる一つひとつの報酬は微々たるものですが、塵も積もれば山となるもので、月末ともなれば結構な金額が貯まっているときがあります。そうしたときは何も食費代を節約する必要もなく、ちょっとした贅沢を嗜むこともあります。お肉をモリモリ食べて英気を養ったり、ちょっと小洒落たレストランに行って気分をリフレッシュしたりするのです。副業のおかげで私の生活は随分助けられているような気がします。

お金がないときは副業をしましょう。そして、それでもダメなら食費を節約して給料日まで凌ぎましょう。私から言えることはそれくらいのことです。

SNSでもご購読できます。